動画配信は「dTV」がおすすめ!気になるメリットやデメリットについても解説

 

「dTV」は、もともとドコモユーザーしか視聴できなかったサービスでしたが、現在は誰もが楽しめるVODになっています。

映画・ドラマ・アニメ・オリジナル作品・音楽・バラエティー番組など数多くそろっていて人気を集めています。

そんな「dTV」の魅力や、反対にデメリットってあるの?って気になりますよね。そんな疑問をまとめてみました。

 

「dTV」おすすめのポイント

動画配信「dTV」のメリットをまとめてみました。

料金について、コスパが良すぎ~

料金は、定額制になっていて「月額 500円!」という安さ。

たったの500円、月額ワンコインで12万作品が見放題なんです。

好きな時に好きな作品をチョイスして思う存分楽しめるのにこの安さ。コスパ良すぎでビックリですね。

お試しの無料期間が31日間もある

どこの動画配信サービスを利用しようか迷っている人に優しい、31日間無料のトライアル期間が設けられているので、1か月も無料でいろんな配信作品を見て判断できますね。

「dTV」のホームページから「31日間無料おためし」をクリックし、メルアド・支払い手段を登録するだけです。

クレカ・デビットカード・ドケモ携帯払いから選択できます。

登録するのって怖いかもですが、無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

31日待たなくてもいつでも解約OKです。

「アカウント」から「退会」「利用規約に同意し解約する」「手続きを完了する」この流れで簡単に解約できます。

解約した瞬間から見れなくなるので解約がちゃんとできたか心配無用ですね。

無料期間内の解約を忘れない限り、料金はかからないので大丈夫です。

とにかく作品数が多い!

やはり、作品数の多さがダントツおすすめの理由

何といっても12万作品

他の動画配信サービスの中でも最大級の作品数です。

魅力的なコンテンツもドンドン追加されていますよ♪

およそ12万作品の中には海外&国内の映画・ドラマ・アニメ・オリジナル作品・音楽・バラエティー番組などが数多くあり、豪華キャストが出演してるオリジナルドラマの配信も人気です。

「dTV」視聴の方法

インターネットに接続していれば、パソコンだけでなくスマホ、タブレットでいつでも視聴できます。

動画配信サービスの良い点は時間の制約がなく、いつでも好きな時に好きな作品を楽しめることですね。

自宅で見ていた作品の続きを通勤途中にスマホで見たりできるので「あ~気になる、早く帰ってドラマの続きが見たい~」なんてストレスが減りますね♪

動画をダウンロードできる

通勤時に動画を視聴すると大量に通信費を消費してしまう心配がありますよね。

そんな時には、Wi-Fiがある環境でダウンロードしておけば大丈夫!

一度ダウンロードしてしまえば、通勤・通学、外出先でオフラインで視聴できます。

ダウンロードの方法は簡単。

スマホアプリから作品を選び「DL」を押すだけです。

これなら外出先でも安心して「dTV」を楽しめますね♪

操作が簡単

「dTV」は操作方法がとっても簡単、ボタン4つ使うくらいですね。

「早送り」「早巻き戻し」「再生」「一時停止」くらいでしょうか、シンプルで迷う操作は無いので安心。

インターネット回線が安定してればサクサク動いてくれるので、動画読み込みに時間がかかったりフリーズするなんてこともまず無いので心配不要です。

字幕・吹替が簡単

海外ドラマや洋画は「字幕」でも見る派ですか?

個人的に「吹替」を好んで見る私にとっては重要な、字幕と吹替の切り替え操作。

「dTV」はこれが簡単にできちゃうんです。

画面右下の「字幕/吹替」ボタンを押すだけです!

吹替がない字幕のみの作品、吹替がある作品、の区別が簡単にわかって簡単明瞭うれしいですね。

テレビの大画面でも楽しめる

自宅のテレビで見る方法はいろいろありますが、「Fire TV Stick」をおすすめします

簡単に取り付けられて邪魔にならないし、他の動画配信サービスの対応もあるので重複して契約してたり、他の動画配信サービスに乗り換えたりしても大丈夫ですよ。

「dTV」のデメリット

コスパも良く作品数もダントツの「dTV」ですが、視聴する人の環境でデメリットと言える点もあります。

契約を考えるなら、メリット・デメリット両方を知ったうえで決断しましょう。

完全無料というわけではありません

コスパでダントツの安い「dTV」ですが、注意する点があります。

それは全作品が無料というわけでは無いことです。

「見放題作品」「個別課金(レンタル)作品」に分かれていてレンタル作品を見るためには追加料金が必要になってきます。

料金は映画ごとに設定されていて300円代が標準的です。

見放題の作品とレンタル作品は「¥マーク」で区別されているので自分の知らないうちに有料映画を見てしまうなんて間違いは無いのでその点は安心できます。

複数の端末での同時視聴

「dTV」は、ひとつの契約で5台まで利用する端末を登録できます。パソコン・スマホ・タブレットなどですね。

ですが、ひとつのアカウントで家族がそれぞれ好きな動画を同時に見ることができないんですね

テレビでドラマを見てる家族がいたら、自分はスマホで映画を見るってことができないわけです。

別アカウントの契約が必要になってくるので人数分の料金がかかってしまいます。

ひとりならコスパ最高の「dTV」ですが、家族中で利用するとなると他の動画配信サービスほ方がお得になったりしますので考慮が必要です。

「dTV」まとめ

動画配信サービス「dTV」のメリットとデメリットについて解説しました。

それぞれの生活環境の違いがあるので、何に重点を置いて選択するかによって、メリット・デメリットも変わってきますね。

ひとり暮らしの人なら同時視聴できないことは問題ないですし、コスパより配信作品の内容の方が重要な人もいると思いますので、無料トライアルを上手に利用して、自分に合った動画配信サービスをみつけて毎日を豊かに過ごしていきたいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA